think seed’s diary

勉強が面白い!鶴田式算数教室大阪

瞬殺?

殺虫剤を思い起こさせる言葉です。

これは中学校受験…それも最難関レベルの数パーセントの世界のこと。

受験問題は虫なのかも知れませんね。

算数は算数的な言語力、理解力、思考力、表現力を養うことが大切です。

そして〆にはそれらを超越した瞬殺力。

全ての能力が当たり前にこなれるようになってから、不必要なモノを削ぎ落とす。
トップアスリートさながらです。

大手塾へ入塾するタイミングが4、5年生と聞いて「遅くない?」と思われる方がいらっしゃいますが、ポイントは学年ではなく、瞬殺スキルがどれほど身に付いているか?なのです。

そこに到達するには、必要とされる時に向け、適切な時期に必要な力を身に付ける学習プログラムが必要です。

特に大切なのが幼児期の体感・量感学習ですね。


最後にクリックお願いします。

にほんブログ村