読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

think seed’s diary

勉強が面白い!鶴田式算数教室大阪

マル子現れる!最終決戦は心理戦!

ついに受験前日です。何する…?と考えた末に出た結論。「今更ジタバタしても仕方ないか。」今までの方向性が合ってれば目標に到達出来るし、間違っていれば失敗する。失敗しても「そこ」をきっちり修正して、次にチャレンジしたらいい。元来、能天気な私。こ…

だんす♪ダンス♪dance♪

秋晴れの中、ノエビアスタジアム神戸にて「KOBEわんだふるコレクションVol.6」が開催されました。Wiz.dog Clubの「ドッグダンス関西競技会」も開催。kidsドッグダンスも披露されます。 しおりちゃんも参加です技術的な出来映えはともかく半年の間、愛犬のPち…

言霊は恐ろしい・・・。

脳の認知機能に関して。言葉を受け取った相手側では脳内で7万回繰り返されるんです。刷り込み刷り込みですね…恐ろしい。それだけではないんです。言葉を発する前の脳の処理プロセスは脳内で10億回もリピートして、それから言葉がでてくるんです。「~だから…

人は変えられる?変えられない?

人のパーソナリティは先天的な素質が20パーセント、環境など後天的な素養が80%といわれます。 素質の部分はよいものであれば最大限に生かし才能にする。 不都合なものならコントロールして存在しないものにする。 人を変えたいと思うより、自分の素養を…

人生は想定内

時を刻むパーソナルカウンセラー・勉強が好きになる鶴田式算数教室のthinkseedです。昨日はパーソナルカウンセラーとしてのお勉強会でした。人が行動を起こすきっかけ、原動力は欲求の充足です。今回の引き寄せられる魅力ってなんでしょうね。今の自分よりも…

パーソナルカウンセラーとして

心の世界を理解したいと思って進んだ心理学の世界。勉強が進むにつれ自分自身のことを一番理解していなかったんだ…と気づきました。身近な子どものことも同じかも?知れませんねwこの度、幼児教育(学習プロファイル)のメソッドを憧れの大先輩に『人生を豊か…

集中力を高める

勉強のできる子は集中できる?集中出来るから勉強できる? ある程度のステージになると、メンバー間の知識量や能力なんてほとんど差がないものです。 最後の要となるのは忍耐力と集中力。これを幼児期に養っておくことが必要です。 子どもに言ってはいけない…

恥ずかしい気持ち

暦の上では8月ですが、我が家の夏休みが終わりました。 お休みが短くなることに対して賛否両論ありますが、個人的には以前のほうがよいですね。 選択制にしてもいいのでは?とも思います。 ここ数日、関西大手進学塾の研修会に参加しています。 教員志望の…

人生はバランス感覚が重要

新ツール開発のミーティングのため神戸へ。 娘は夕方まで塾ですが息子は在宅。頼みの綱の母親も予定があり、社長様のご厚意で息子もミーティングに同行することになりました。 こんな時考えることは「待機児童」の問題。 働く女性にとっては深刻な課題です・…

たまには一人っ子気分

梅雨も明け快晴ですね。娘の臨海学舎3日目、息子は「一人っ子」とちょっぴりウキウキでしたが、物足りなさを感じているようです。私は一人っ子だったので姉弟に対する憧れがありました。が、実際には「なんでこんなことで喧嘩をするの??」の連続。事あるご…

受験にむけて心をつくる

週末は娘の志望校見学でした。約半年後には、受験なんだ〰と実感が高まってきます。娘の面持ちを見ていると、胸中は…複雑そうです。どんなに問題をやりこんでも試験開始の一秒前までこれで十分という感じは持てないものです。 当日の本人の緊張感は大変なも…

バランス

ちょっと神戸まで。今回の目的はこれこれ。ダンスですよwizdogclubの皆さんが、zippy大島先生とヒップホップ、ラテン、ジャズダンス…いろいろなジャンルを融合させたダンスプログラムを考案中です。「この動きはウェストにきますよ~。クビレ、クビレ~。」…

心のビタミン

芦屋市民センターにて開催された増井孝子先生の講演会に行ってきました。とても素晴らしい憧れの先生です。ためになる内容が盛りだくさんでした。子どもの教育に当てはめて考えると…。よくあるコミニュケーションのパターンとして気を付けたいこと。「お利口…

リラックス

今日から子ども達は短縮授業。バタバタですが、幼児教育のミーティングもあって朝一番から神戸にGO。 仕事をバリバリこなすステキな女性です。前回のミーティングで『緊張を緩和するためのアロマ』のことをご相談していたのですが、頑張る娘にプレゼントして…

アートセラピー

悩みや困ったことを言葉に表現するのは難しいことです。 それは、臭いものには蓋というか、心が折れてしまわないために…自分を守る無意識の扉(抵抗)があるからなのです。 実生活の中で何か問題が起きるまでは、扉の存在自体に気付くことはないのです。まあ…